本当の自分 〜脱・AC〜

性格習慣病。アダルトチルドレン(AC)を克服しようと奮闘する人のブログ。

113🌑結局また病む〜…


※この記事は、ほとんど、自分用のメモです



5月、GW明けくらいだったか、あることをきっかけに崩れ始めて、問題は重なって起こり続け、病みが再発…。先週の水曜から仕事を休み始めて6日。いまは、頼る人がいて落ち着いてきたので、力振り絞ってブログ更新しようと思う。


今、会社では8人中1人休職、4人が新人、なので仕事がある程度わかって働けている人間は私を含めてたったの3人で、まあ、回るわけもなく、そりゃ回しますけど、回ってるように見せかけるのももう、起こり続ける問題に飲み込まれて限界に達した、ということで……。


大丈夫と思ってたけどまた病んでしまった。
今回は、頼れる人がいて理解が得られるし、その人は私の思考にブレーキをかけるのが上手で。病みの程度は軽く済んでいます。とは言えもう少し休んで、自分を整える時間は作るつもりでいますが。


やはり、自責の念と焦燥感です。私をじわじわと下界に引きずり込むのは。


前もそうだった。
不安から始まって、だんだん眠れなくなって、勝手に泣き出して、食べることや風呂に入ることさえ、体がだるくて面倒になる。
今はまだ自分で食べられるし風呂に入る気力は残ってます。体を起こしていられる時間は長いし、呼吸することで精一杯な状態ではない。










仕事です。今回は。もともと不安要素は多かったけど、やり方や考えようでなんとかなると思って…なんとかしなければと思ってやってきました。


でも無理です。障害福祉をやってますが、支援どころか預かっている子どもたちの安全さえ保証できない。環境がいつまで経っても整わず、落ち着かず、なんなら一々荒らす奴がいて、その度に話す場を設けるのももうたくさん。そんな奴が上に立ってんじゃねえよ。


社長の詐欺求人や詐欺面接のおかげで入社直後から不信感を持った職員は会社に定着しにくく、そのような入職の仕方はほぼ100%なので、みんな入っても結局すぐに出ていくということです。


職安では、この会社の社長ちょっとおかしいからやめといた方がいいと言われてる。
もう、おしまい。
気楽にと思って入ってきたというパートさんから聞いた話です。色々話してくれました。入社したばかりだけどもう辞めるから。


上は私に自由にやっていいと以前から言っていました。この事業所は私のやり方でどんどん変えていいと。だから、もう少しくらいマシな事業所になるように、子どものために、保護者のために、職員のためにと思って事業所内で計画した仕組みも結局、あと一歩で完成というところまで来て上に止められました。
やっぱり、会社のもう一つの事業所と一緒に変えたい、と。


だから、時期を待とうと思いました。あれだけ残業して費やした時間と成果を持っていかれるような感じで、とても悔しかったけど、でも待とうと思いました。というか上に止められたらそうするしかありません。


待ってる間のことは不安だと感じました。その間に何かが起こるのではないかと。何か起こっても小さく済むように、何か起こってもこれだけのことはして来たんだという証明ができるように、それも考慮して作った仕組みも、止められたので使えません。その予感は的中、ではなくより大きな事柄となって起こりました。


事故は立て続けにおこるわ、事業所との契約を辞めたくなる保護者がいるわ、職員は何人も辞めたがるわ、それでも平気な奴が上に立ってるわ、虐待まがいなことをする新人がいるわ、、、


そうならないようになるべく、先回りしてやって来ました。でも、手が回りきらなかった。










私には、もうどうにもできません。助けを求めて来ましたが、はぐらかされる。忙しいから。あるいは問題が大きすぎるから。
今までは、私が辞めたら、子どもたちはどうするんだという思いでいましたが、まずは自分のことを大切にと説得してくれた人がいて、ちかく仕事を辞める決心をしました。


いや、辞めることは考えてました。年度末までとか。でも、こんな状況なのになぜそんなに長くやるのかと言われて、度肝を抜かれたようでした。
すぐ辞めるって選択肢はなぜかおいてなかったから。ああ、そうか、と思って……。


でもね、やっぱり、罪悪感とか、、、
私は最低な人間なんじゃないかと、すごく思ってしまっている。自分の利益だけを優先した行動を取るのが怖くなる。



ふう、
全部無かったことにしてほしい
最初から

消えちゃえば楽になるだろうに。