本当の自分 〜脱・AC〜

性格習慣病。アダルトチルドレン(AC)を克服しようと奮闘する人のブログ。

49🌑「このハゲー!」「ちがうだろー!」豊田真由子議員うちの母にクリソツ事件


本日昼間、衝撃音声としてワイドショーに取り上げられていた、豊田真由子 衆議院議員(42)の、男性秘書(55)に対する暴言。暴力も同時に起きていることが伝わる内容。

さらに、運転中の秘書を罵りながら、顔面や頭をなんどもグーで殴るという……。

恐ろしい女性です。
なんて良く似ているんでしょう、

私の母に!!




◆録音された音声

豊田議員が男性秘書を罵った時の音声の書き出し(一部)↓

豊田議員=豊
秘書=秘

豊『違うだろー!』ボコ!ボコ!(叩く音)
秘『(略)運転中でもあるので…』
ーー
秘『あ、、すいません、あの叩くのは申し訳…』
豊『お前は、どんだけ私の心を叩いてる?! お前は、どんだけ私の心を叩いてる?!』
秘『はい、その痛みは、、もう』
豊『分かってないよ!』ボコ!ボコ!
秘『いや、叩くのはすいません…』
豊『お前はどんだけ私の心を叩いてる
(略)
これ以上、私の評判をさげるな!
私の心を傷つけるな!
これ以上私の支持者を怒らせるな!

お前が叩かれるよりよっぽど痛いよ!
叩いていいよ、私のこと!
よっぽどその方が楽だよ!
叩かれる方がよっぽど楽だよ!
叩いていいよ私のこと
だから頼むから!
支持者を怒らせるな!!
お前は頭がおかしいよ!!』

田中真紀子氏みたいな声してる〜




◆まるで私の母だああああ。笑

ワイドショーでこの音声を聞いていて、私はこの人も毒親なんだろうな〜って思いました。二人のお子さんをお持ちだそうです。暗い気持ちになりました。泣笑

言い回しがあまりにも似てて、子ども時代がフラッシュバックする!
「お前はどんだけ私を怒らせれば気が済むんだ」「頼むからこれ以上私を怒らせるな」「違うだろ!」などというのは母の言葉。相手を(私を)言い負かしたい、自分を守りたいというヒステリックでキンキン響く怒鳴り声。

母はよく
「バカだね」
「ブス」
「ロクでもない」
「ろくすっぽ出来ない」
などと言いながら罵声を浴びせました。殴られたり蹴られたりつねられたり。

豊田議員がブチギレながら平手やグーで殴ったり、つねったりするところも同じ。しょっちゅうやられてました。

毒人間は、相手のミスを何が何でも許さない。その後のミスの始末は暴力暴言に加えて様々なペナルティーつきで賠償させられます。


◆「頼むから◯◯してくれ」

「頼むから◯◯」という言い方。私の大嫌いな言い回しです。フラッシュバックする。
私には自己防衛、擁護の言葉に聞こえます。暗に「私はもう精一杯なんです、あんたが◯◯するせいで、私は耐えなきゃいけいのが、辛いんです! なんで私が耐えなきゃいけないんですか? もうこれ以上傷つけないで! 全てはあんたのせい!」と、あたかも自分は被害者だみたいな意味にしか聞こえません。


◆怪我で被害届

この男性秘書は顔面や頭、腕などに外傷が残っているようで、目の横(眼鏡のツルのところ?)が今でも痛みが残っている、とのこと。かわいそうに。

被害届を提出するそうです。そりゃそうだわ。怪我を負ったんだからなあ。豊田議員と男性秘書と、議員の支援者の3人で話をしたとき、支援者によれば男性秘書は豊田議員を罵ったり人格を否定したりすることなく、感情論で話すこともなかったそう。立派だ……。

私の性格ならヒステリックにやり返すだろうな〜。相手の社会的地位を貶めることが目標になってとことん弾糾するでしょう。笑
私の中身も議員側ってことだ。。


◆立派なDV

豊田議員の元からは、今までに100人もの秘書が逃げ出したなんて話があるそうです。笑
そりゃ逃げますよね、
・罵られる
・精神的に抑圧される
・平手、拳で怪我を負うほど殴られる
・痣が残るほどつねられる
これはDVですよね。
これを運転中いっぺんにやられるような状況。そりゃ逃げ出しますよね。

「精神的に抑圧される」

というのは様々な形です。毒人間は、「お前が悪い!」と一切の猶予もなく責め立てることに加えて、脅しをかけてきます。
男性秘書は娘さんがいるそうですが「お前の娘にも危害が及ぶぞ」などという文言も残しています。


◆母親が変

この人は毒親だろうなと感じたと同時に、この人の親もちょっとおかしい人なんだろうなと勝手に想像してました。多分当たってます。

何だったかよくわかりませんでしたが、親は立ち入れない席に豊田議員が母親同伴で訪れ、断られると豊田議員は激昂して怒鳴り散らしたそうです。
普段から気性が荒く強い口調が目立つ人だそうで、ワイドショーではその「怒鳴り散らした」ところに焦点を当てていましたが、「母親同伴」の点も十分おかしいですよね。やっぱり母親もおかしいよ。


毒親に育てられた子ども2パターン

はぁ、やだやだ。なんでこうなる事例が多いんでしょうね、親子関係って。毒親の要望に対して、子どもの実力がついていける場合とそうでない場合において、子どもの将来は二つに分かれると感じます。

一つ目、子どもの実力がついていけた場合。

実力主義の完全主義者となり、深層心理部分に周囲をバカにした発想や言動が目立つ。他人のミスを許さず酷く責め立てたり反発心を募らせる。友達できにくいタイプ。ちなみに私これ。笑

二つ目、子どもの実力が伴わなかった場合。

他人の顔色を見てばかりで大人しく従順な人間になり、よく言えば平和主義・協調的で悪く言えば意思がない。他人に利用されるタイプ。


この二つのタイプはかけ離れているように感じますか、どちらも自尊心・自己肯定感がなくありのままの自分を嫌います。


◆終わりに

はあー、やだやだ。なんでこういう親がいるんだろ。だから連鎖が続く。受け継ぐ奴も気づかなきゃね。それが不可抗力でも自分の人生だから…。
別に、理想的な家庭、理想的な親子関係を盲信しているわけではないです。どこんチだって、色々ある。
でもね、思うんですよ。自分をありのまま出せない苦しさばかりを、わざわざ味わうための人生なんて、歩む必要ないでしょ……。



だけどさ、正直、分かるんだよね…
豊田議員が激昂してるときの感覚…、。
もう、なんて言うか、こみ上げて抑えきれないんだよね。マンホールがすごい水圧で噴水になったみたいな…、。抑制するのは無理。イカれてるよね、私。





豊田真由子衆議院議員の暴力暴言 事件で、また一つ悲しい家庭をみたな…







トップページはこちら▶︎本当の自分 〜脱・AC〜