本当の自分 〜脱・AC〜

性格習慣病。アダルトチルドレン(AC)を克服しようと奮闘する人のブログ。

65🌑分かってる人ほど、何も言わない

大人な人ほど、わざわざ人に対して何も言わない。自分のことを外に発信しても、勝手に人を評価したり、突然助言を始めたりはしない。人が何か言っても言い返さない。言い返せないのではなく「言い返さない」。
大人はこみ上げる感情が穏やか。

子どもみたいなやつほど、人に対して1人で勝手に何か言ってる。認証欲求がつよいから。劣等感が強いから。不満が溜まってるからちょっとのことで自分の感情が抑えられなくなる。子どもはこみ上げる感情の起伏が激しい。「違う」と感じると言い返したくなる。






私のことであり、あなたのこと。

64🌑毒家を出てから15日目



ほらね、来た
病み期が。



出たよ無気力。



おかえり「死にたいさん」。
久しぶりだね



このまま消えたい。








昨日夜中に友達と電話をしていて
また話していたら
病んだ。






いや、病んでいるから
話したのかも知れない。






あと半月で社会復帰か……。
半年間、保育園に勤めます。
その後は発達支援事業にかかる。


楽しみと思ったり
嫌がるどころか死にたくなったり


もういい加減にしてほしい。。






明るい私と病んでる私。
どちらも私だ。







昨日、電話で友達が、旦那と分かり合えない話をしてた。よく聞いたらちゃんと話し合いができてない様子で、いつもお互い怒りが収まった頃になんとなく仲直りしてるだけだった。そりゃ確かに分かり合えないよなと思う。


そのままにしないで、気持ちを伝えたり聞いたりできるといいねと言った。








心の中の怒りや悲しみは、たいてい時間が経つと薄らぐ。

それは、自分の中で表面的に収まっただけでなにも解決に繋がっていない。

繰り返さないためには、お互いの気持ちを話し合わなきゃ。歩み寄れるところを探らなきゃ。

それをしないでいては、喧嘩が収まってうまくいったように見えて、そうじゃない。。、









ーー。
人のこと、言えない。


私こそ、逃げてるばっかり。




「母とは分かり合えないから。」




そう言って見えないことにしてる。
耳を塞いでる。
無かったことにしてる。
私の中の不安定さは
いつになっても治らない。









本当に辛いときというのは、
正面から向き合えない。



心の中の痛みや悲しみが、時間と共に薄らいでいくのをただ待ってるだけでもう、体力と精神を使い果たしてしまう。。。



根本的な解決に結びつけるため
やっと収まった悲しみに、再び向き合う…



やんないよ普通。
辛いことをわざわざしない。








「そのままにしないで、気持ちを伝えたり聞いたりできるといいね。」







一番ありえない。ばかじゃね私。











トップページはこちら▶︎本当の自分 〜脱・AC〜

63🌑毒家を出てから12日目

今日は一日、ソファのカバーを作ってました。特にやることないし。

新しく越してきたアパートにミシンがないので手縫いしてました。

昼過ぎ、だんだん疲れてきた時。
ふと実家の自室のベッドでうずくまって眠りたい衝動に駆られました。




どうした私。




初めてです。家を出てから、実家にいる自分を想像したのは。

戻りたい訳ないんですけどね。あんな環境。
ただ、自分の部屋は居心地良かったこと、リラックスすることもできていたことを、感覚としてふと思い出したのかな。縫い物で疲れたから??笑





家を出てから精神的にはかなり良いですが、だからと言って特に前向きになれるとか、希望を見出せるとか、そういうことは正直ありません……。

これは誰かに聞いてほしいとか、慰め、励ましてほしいとかではなくて、このブログの趣旨としてどの段階でどんな変化をしているか経過を辿れるように記録しておく、そういう意味で書いています。




友人が、「私はこれから幸せになりたい。これからだよね。あなたにも幸せになってほしいよ。」そう言います。辛くても前向きに人生を捉えている。

その友人は数日前に離婚しまして、その当日、うちに来ました。私の友人の中でも特に離婚なんてしなそうな感じの夫婦でしたが、人生何があるか分からないものですね……。



友人は、一年近く悩んで、ついに決断し、離婚に至りました。それまでの苦悩は、私には到底分からないものです。話は聞いて来てはいたけれど…本当に辛かっただろうな……。

そして何十日も、何百日も悩んで、辛い思いをしながら、やっと自身の最善と思える答えにたどり着き離婚した今、なんだかスッキリする、というようなことを言って、「これから幸せになりたい。」そう言います。

素晴らしいことだと思います。過去に区切りをつけて、未来をみている、、。

以前の私なら、友人と同じように思ったと思います。

だけど友人がいうことの中には、私にはどうしてもうなずく気持ちになれない言葉(思い?)があります。



「あなたもきっと、これからだよ。今までたくさん辛い思いしてきたんだもん。こらからはきっと、よくなるばかり。いっぱい幸せになれるよ。」



そういうようなことを何度も言って、励ましてくれるのですが、私はそれが受け入れられない。。もちろんありがとうと笑顔で返しますが……。



私、特別幸せにならなくていい。何もなくていい。あれほど辛いことが起きなければ、特に幸せじゃなくていい。

むしろ怖い。
変にドキドキします。恐怖で。

幸せを感じる瞬間って怖いです。普通じゃない感覚がする。なんかその後が怖いような気がしてきてしまうんですよね。。



私の思う幸せは、作ったご飯を満足いくまで食べられて、美味しいって思えたらそれでいいし、片付いた家の中で快適に過ごせて、誰にイラついたり悲しくさせられたり隠れたりせずに、ただゆっくりテレビみて一日終わって、それでいい。


だけど友人が言ってる幸せになるっていうのは、素敵な人と巡り合って一緒になること…を前提に話してる気がする。。


かつての私も同じだったけど、漠然と自分の新しい幸せな家庭を想像していたけど、今は違う……。



もちろんそれを望むのは自然なことだし、誰もがそういう権利があると思うし、友人がそう言うのは当然のことだと思う。

だけど、私にはそうは思えなくて……。



結婚した相手がどんな人物かなんて、結婚してからじゃなきゃわからない怖いことがたくさんあると思うし、そもそも私は子どもを産むのが怖いから妊娠は望まない。私にも毒が潜んでいると思うから。怖い。だから私は一生1人でいい。私みたいな人間に育てられたら、私みたいな偏った心の人間が育つ気がしてならない。そんな恐ろしいこと、自分の子どもに味わわせるなんて、私にはできない。。



困らせると思うから、それを伝えたことはないけど……。



何事もない、何事もない日々が淡々と続けばそれでいいです。
というか、それがいい。
なんか、いまだに死にたいし。
まだ言ってんのかよ。笑




でもね、本当にまだ言ってる。
死にたいなーって思う。
今この瞬間に、心臓発作で死んだとしても、思い残す事? 未練? 無いです。

むしろ喜ぶと思う。





友人は、私を励ましてくれているだけだし、おそらく自身もそう思いたいから口にしているだけ。

私が落ちるといつも励ましてくれていました。今度は私が友人に、この辛いであろう時に、恩返ししないといけないと考えるのですが、気分が晴れるようなことが思いつかないです。

ひっそりと静かにしていたい。恩返しないとと思うなら動けばいいんですけど、なんでですかね。……なんかできない。今、私が遊びに出かけたりとか無理した活動すれば、またメンタル壊す気がしてなりません。

昔の私には考えられないな……。
行動あるのみ! みたいな熱血入ったような性格だったから……。

もはや信じられないです。

そうやって、自尊心のなさを乗り越えるように、あるいは誤魔化すように、無意識にやってただけだったんだから……。
ちゃんとやらないといけなかったから……。



これは、甘えなんでしょうね……。
多分できない訳じゃないのに、やらないんだ、私は。もらった恩も返さずに。。やりたくないからやらない?? そういう人間になったんでしょうかね……。

なんか、友人に会いたくないんじゃなくて、出かける気にならない?? んですよね。うちに来てもらえれば、いくらでも居てねって感じなんですけど。。



あれからずっとそうだけど、
人生が変わる、とか変えよう! とか
別にないです。
湧いてこない。
やる気とか。
将来への希望とか。
別にないです。
ずっと無い。



そっとしておいてほしい。



なんか、またメンタル下がる波が来たように感じます……。









トップページはこちら▶︎本当の自分 〜脱・AC〜

62🌸毒家から脱出して1週間で思ったこと


今年の5月、毒親(母)から逃れるための計画を立て、約2.5ヶ月。今月ついに達成することができました。



今は実家から少し離れた市で一人暮らしをしています。何年も前から一人暮らしを希望してはいましたが引きとめられてきたので、今回の脱出には本当に喜びを噛み締めています。笑



この1週間、荷物を移動したり片付けたり、新しく必要なものを買いそろえたりと、バタバタ過ごしてきました。それでも、嫌な気持ちになることは一度もなかったです。今は引っ越しに必要なことは全部終わって、ほっと一息ついたところです。あ、でもテレビがまだ無くて、明日届く予定です。楽しみ。



新しい家で自炊して食べているときは、満たされた気持ちになれます。前は母や祖母と顔を合わせないようにコソコソ食べて、美味しくなんかなかった。そもそも食欲もあまりなかった。冷蔵庫を使うことさえ許されなくて、ろくなものが食べられなかった。


新しい掃除機で部屋を綺麗にしているときは、本当に気持ちよくなれます。前は家中がモノとゴミに溢れていて、とても快適な家ではなかった…。虫とかダニもすごいし、とにかく住むには気持ち悪い家だった。



友人たちが、遊びに来てくれるって言ってました。友達を家に呼べたことなんてなかったから、とても楽しみだし、嬉しいです。



友人や恩師が、気にかけてくれます。みんな、私の味方でいてくれます。みんなそれぞれに抱えているものはあるのに、私のことも気にしてくれる。1人の友人のお母さんも、私を励ましてくれました。泣きました。



今、私の味方でいてくれる人たちに囲まれて、新しい生活を始めて、私の心をしぼませるものは何も無くて、本当に、もうこれで十分。




神様がいて、声が届いて、もしも願いが叶うなら、もうこれ以上何もいらないから、もうあれ以上辛い思いはさせないで、とお願いしたい。




特別、幸せじゃなくていい。
あんなにも辛いことが起きなければ、もう、この人生には、他に何にもいらないです。






トップページはこちら▶︎本当の自分 〜脱・AC〜

61🌸脱出決定!!


毒親支配下にある状況からの脱出を決意して、早二ヶ月半。

やっと、やっと…(;_;)

やっと実家を出られることになりました。
よかった。、
よかった本当に。

未来の私よ、これまでの人生で一番、マシな生活を確保した。喜んでくれ(;_;)




◆恐怖、迷い、葛藤……勇気、希望

日付で言えば明日にはもう、この、嫌がらせにあふれた実家から出られるわけですが、ここに至るまでにはたくさんの弊害がありました。。



家を出る決心をした5月の半ば。
あの頃は無職でした。
4月からずっとフリー。
当然、賃貸なんぞ無理な話で。。


その一週間後、心身ともに徐々に回復を遂げながら、ハローワークに登録して、更に待機期間の一週間を経てようやく本格的に職探し。


その後も一ヶ月、再就職するに当たって悩みました。また子どもを相手にする仕事をするか、異業種へいくか…。


また子どもを相手にすることが怖かったので、異業種で探してフラフラと彷徨っていました…。私は自分の過去を思うと、私の中にも毒が根付いていると思えてならなくて、それが怖かったんです。。私も、子どもたちに毒を与える素質を持っている……。そう思うと、本当に怖くなっていました。子どもと関わることは好きなのに。


フラフラすること3週間。私には幼児教育や児童福祉の道しかないと思いました。


私のような自己肯定感のない人を1人でも多く生み出さないために、私がお手伝いできることがあるんじゃないか。


幸いなことに私自身が子供の発達の援助にかかる仕事をしてきた。勉強も積み重ねてきた。そして何より、真っ当な発達段階を踏めなかった人間が、大人になってからどんな葛藤を、苦しみを、抱えて生きなければならなくなるのか、私にはよくわかる。



子どもに関わる仕事をしよう。



異業種へフラついてみて、私には子どもに関わる仕事しかない、そう思えました。


とても良さそうな求人を見つけ、面接に行き、内定をもらいました。


しかし、就業開始日は8ヶ月後……。
おい、求人に書いておいてくれよ(´;Д;`)
(面接時には言われていましたので、了承の上で内定もらったんですけどね…)


賃貸は、内定があれば借りられるようですが、これほど先の話だと、やはり貸してはくれません。。


繋ぎの仕事を見つけなくてはいけません。こんなに半端な期間で雇ってくれるところがそもそも、なかなか見つかるもんじゃありませんでした。再び異業種も多く視野に入れ、繋ぎの職探しをすること数週間。
なんとか、派遣で保育園の仕事にこぎつけそうです。


今度こそアパートを借りられる!そう思って不動産屋に行くも、再び弊害が…。





◆保証人の壁でかすぎかよ

かなり厄介な壁にぶち当たりました。


これに関しては予想はついていたものの、予想以上に私を救済してくれる方法が無かったことに絶望しました…(;_;)


まず、私が家を出るのは、もはや母とは絶縁するのだ、そういう思いな訳です。当然、母を保証人にするなんて選択肢はありませんでした。


保証会社を利用すれば話は通るのではないか、そう思って不動産屋を訪ねました。


まず、保証会社を利用して借りられるところを希望条件にあげると、親はいないのかと聞かれました。


「母だけいますが母を保証人にしたくない」と言うようなことをやんわり話すと、途端に怪訝な顔。。まあ、そうでしょうね……。それまでニコニコと話していたおばさんは、対応を一転。


「保証会社で必要な保証人も、電話連絡が来る際に、なぜ親御さんじゃないのか、と聞かれますよ。今の状況だと難しそうですね、一人暮らしは」


と言われました。笑われながら。


そもそも部屋を借りることが初めてなので、本当にそういうものなのか、よく分からず……。


別の不動産屋に行ってみるも、今度は勤務年数で不動産屋からいろいろお話がありました。


転職の場合、勤務年数0年なので、保証会社をつけないとまず通らないということ。それに加えて、親で保証人をつければ、いけると思う。


そう言われました。



弟を保証人に当てるのではどうか。それもやはり、親が望ましいと言われました。不動産屋さんは、できなくはないけれど…と言いながら苦笑いしていました。




……。
保証会社を利用しても、私の場合は、より信用度を高める手段が必要で、、どうしても話に「親」が出てくる……。何軒かの不動産屋を当たるも、どこも同じような話でした。




そうなんですね……
(´-`)



途方にくれました。






◆悩みに悩んで一周回る

その頃はもう、母と決別する、家を出ると決心してから2ヶ月が経っていました。


弟に相談しました。多分、初めてでした。幼少期、両親とも家をあけることが多かったため、7つ年の離れた弟をいつも面倒見ていた私は、そう言えば、弟に相談ごとをしたり頼ったりしたことがありませんでした。守るべき存在であり、頼っていい相手だとは思っていなかった……。


でも、話してみてよかったです。弟はもう小さな子どもではない。保証人の件は承諾してくれましたし、考え方もアドバイスをくれました。




それから、色々考えました。

母にこれからの居場所を知られたくないと思ってあれこれ調べても相談しても、不動産屋ではどうしても「親」が話に出てきてしまう……。
一度、親に話した方がいいのではないか…



親に保証人を頼まなかった理由は、新しい住所を知られることが嫌だからですが、そもそも、保証人になってくれと頼んでも、この嫌がらせの様をみれば、断られるか無視されるかのどちらかで、親に頼むこと自体が無意味なのではと考えていたこともありました。



だけどもしかしたら、頼めば承諾するかもしれない……? まだ実際に断られてはいないんだから。、



でも、かなり悩みました。
仮に承諾してもらえて家を借りられても、新しい住所を訪ねてきては、結局、再び私に毒を振りまくのでは……。そういうのは毒親の典型ですから。。



かなり悩んで、再び弟と話して、結局、とりあえず親に頼んでみることにしました。
弟は少し心配したようですが、「できることがあればなんでも」と励まして支えになってくれました。


……あんな風に睨まれて、あんな風に無視されて。またそうなるんじゃないかと思うと傷つくのが嫌で、話しかけることがとても怖かったけど、勇気を出しました。



前の記事の通り、母は「いいですよ」と。



それで、やっと、アパートを借りられることになりました。



これだけ長い間、そして、これだけ多くの弊害があった末の話なので、友人たちは、一緒になって喜んでくれました。
私はもちろん嬉しかったけど、、これからどうなるやら。。。


新しい家に母が訪ねてこないことを願うばかりです。





◆困難の終わりは、人生の始まり

生まれた時から(と言っても3歳までの記憶はないけど)、ずっと苦しんできて、28年。8月には、29歳になります。


やっと、解放される時が来ました。
やっと、ゴールに辿り着いた。
そんな感覚です。


予感ですが、引っ越して片付け終わったら、きっと、「終わった」と感じて、また「無」になりそう……。、笑




「無」になってる場合じゃないです。8月中には、繋ぎの仕事が就業開始になる予定だから。


だけど、引っ越しの片付けが終わったら、ちょっと休もう。ゆっくり、1人の時間を過ごそう。今まで縛り付けられてた分を、今までマインドコントロールされて過ごしてきた分を、取り戻す……ことはもうできないけれど、でも、ちょっと、休もう。

と、今は思います。












トップページはこちら▶︎本当の自分 〜脱・AC〜

60🌑自律神経の乱れ

このところ、ガッツリうつだった時と比べると断然、調子がいいです。

規則的ではないけど、食べられるし、寝られるし。

気分もそこまで落ち込まないです。





◆ただ、消えたい気持ちは変わらない。

むしろちょっとぶり返してるかな。

でも、「死にたい気持ちを無視すると、死ぬ」ので、消えたいと思うときも同様、抑え込まないようにしています。





調子はいいんですけど、最近ぶり返してるような気がします。

最近は友達と会うだけでなくて、資格を取るために研修に出たり、仕事の採用面接に行ったり、不動産屋に行ったりと、色々活動してました。

これだけ活動出来るようになって、復活してきていることがすごく嬉しく感じます。

でも、活動してるときはいいんですけど、帰ってから、すごーーーく気怠い。。

・熱っぽい
・息苦しい
・倦怠感
・張り詰めるような頭痛
・眠気(寝れたり寝れなかったり)

こんな感じが続きます。





多分、あれ以来、自律神経が乱れやすくなっているか、乱れが整い切らないままなのか。




今は、来年の3月から正規雇用の仕事が始まるまでの、繋ぎの仕事を探していて、今日は面接してきました。

このブログを書きながら部屋でゴロゴロしてるんですけど、さっきから上記の症状が数時間続いています……。


眠気があるんですけど、眠れないなー。。
寝れちゃえば落ち着くんですけどね。





◆なんか不安になる

活動できるようになって、家を出るために色々動いて、その度に家に帰ってから起こるこの不調……。


この症状、うつの時によく似てます。


ちょっと怖くなります。
また、あのときみたいな感じに戻ってしまうんじゃないかと。


その不安がよぎると、動悸がしてきてパニックになりそうな感覚がします。
すると今度は、パニックを起こすんじゃないかという不安が…(^^;
悪循環。


あの頃の私は、こういうときに過呼吸を起こしていましたが、今はとりあえずそこまでいってないので大丈夫。









疲れやすいのと、自律神経が乱れてるのと、どっちが先なのか分かりませんが、そこにパニックや過呼吸を起こさないかという不安が加わって、とりあえず悪循環です。
どっか遠くへ行きたいです。


大丈夫、大丈夫、がんばれ、私。







トップページはこちら▶︎本当の自分 〜脱・AC〜

59、素直なのは逆に怖い



毒親から離れるために、脱・実家計画
進行中。




◆現状

とりあえず実家を出たい。
とにかく出たい。

いや、本当はどこか、知らないところへ行ってしまいたい。私はいなかったことにしてほしい。

願ったし実行しようとしたけど、そうはならなかった。

自分から死ぬのはダメなんだって。
あ、そうか…。
そうだね。迷惑かけるね。
死にたくてどうもすみませんでした。
もうしません。
あなたが何もしなければ、多分。

ってなった。_(:3 」∠)_



しょうがないから生きるしかない。
生きるには、生きやすさが要る。
私のそれは、親から離れること。

離れれば、しょうがなくても生きていられるとは思う。

よかった、うつに気づけて。
奇跡的。




しょうがなくても生きるには、金がないといけなくて。
だから、しょうがないから働く。



現在無職。
来年度からの内定あり。
繋ぎの仕事探し中。明日あたり決まるといいけど。




◆賃貸

アパートを借りるには。


1.安定した収入が要る。
内定あっても就業開始が半年先じゃ
どこも貸してくれないよ。
この問題は繋ぎの仕事でクリアする。


2.信頼できる連帯保証人が要る。
保証人……。
母はダメでしょ。
毒親にはこれまで、自立を阻止されてきた。
「心配なのよ」とか言ったり
預金通帳を隠したりする。
母はダメでしょ。いろんな意味で。
頼んでもまた引き止められるか
あるいはこのところお馴染みの
無視を決め込まれるか……。
この問題は保証会社でクリアするしか。







◆保証人不要物件で保証会社利用

でいいじゃんとかうまく行かないからな。
笑っちゃうくらいうまくいかないからな。
出鼻を挫かれるからな。
クソ田舎め。





第一に。

保証人が家族以外のやつは全部怪しい。
の判断。
信用ならない。
の判断。

親を保証人に立てるのが難しいかもしれないとわかった途端の、態度の変わりよう。

都会では債務整理してたって家借りられる人もいるのに。

…田舎で暮らすんだ。
仕方ない。

世の中は毒親持ちへの理解なんぞまだない。


……。



「お母さまが健在で収入もあるのになぜ保証人になれないのですか?(°_°)」



「難しそうですよね〜。一人暮らしは( ´ ▽ ` )」



「お母様とよく話し合って、それから、またどうぞ( ´ ▽ ` )」






真っ当に話し合える相手ならとっくにそうしてる。

できないよ。
できなかった。

「私が悪いっていうんでしょ?!大泣」
「子どもに自分の子育てを真っ向から否定された。激おこ」

本当はぶたれたことは嫌だったけどそれでもお母さんが好きだよ育ててくれてありがとう、私がこう母に告げたとき、母が言った言葉。





話し合えると思えます?

あれだけ殴ったり蹴ったりしたことを“悪くない”と思っている人と、
真っ当に話し合えると思えます??

一人暮らししたいと告げた娘の預金通帳を隠す母親と
真っ当に話し合えると思えます??






第二に。

保証会社を弟を保証人にして利用することは可能かと問う私に

「一応申請はします。申請はできますので。
保証会社を利用したところで、なぜお母様ではないのかと聞かれますよ( ̄ー ̄ )」

だそうで。
もはや帰れオーラ全開で返答してくる。





ああ、そうですか。

…は?ほんとかよ。

アット◯ームのクソババアが。
フリフリスカートに白タイツ履いてんじゃねえよ。





……すみませんでした。

多分ね、私が悪いんですよ、いきなり変な不動産屋に行っちゃったんだと思う。笑
他はもっと丁寧で、案を出してくれたりした。




◆悩んだ。一ヶ月。

友人と、弟にも相談した。
みんな親身に聞いてくれた。

このかん、何軒かの不動産屋に相談した。
一件目ほど酷い言い方はされなくても
他も同じような
親以外が保証人の人は相手にしたくないのが本音。
そんな態度だった。
借りたい意思は伝わるから何かできればいいけど…難しい。
そんなことを、素直に言われた。



「うーん、大家さんもなんて言うかな〜…」





もう、こうなったら
親は死んだか失踪したか、無職だってことにすればいいかな。そうすりゃ適任者が、自然と兄弟になる。


とか呟いてみても、嘘、つけない。
よっぽど、嘘ついてやろうかと思ったけど、
やっぱり、嘘つけない。
つけるわけない。




悩んだ。一ヶ月。
保証人の問題が乗り越えられるような物件がない。
賃貸の連帯保証人も
保証会社の緊急連絡先や保証人も
クリアできそうな道がない。



なんなの??????
保証会社の保証人や緊急連絡先、親じゃないからってなんなの?????
兄弟で何がダメなの?????
元来なんのための保証会社なの?????

私が不審扱い。親がおかしいせいで。

ふざけやがって。



借りる側が保証会社を選べる物件もゼロ。

家賃の上限をもう少し上げれば、借りられそうな物件が無くもないけど、あまり高いところは借りられないよ……


都内にでも出れば、借りられる家はあるみたいだけど。


……。
やりたい仕事につけるのに、第一希望の会社に入れるのに、内定蹴ってわざわざここを離れるのはいや。ポンコツ田舎でも。

支えてくれる友達がいるのに、私のことをよく知っている友達が何人もいるのに、わざわざこのここを離れるのはいや。ポンコツグンマーでも。

今まで母の呪縛の中で生きてきたんだ。
これからは自分の思うように生きる。





私の思う価値あるものを大切にして、生きる。

私の思う価値あるものを手に入れて、維持するために、今を乗り越えなくては。





悩んだ。一ヶ月。





◆もう、一周回って普通の答えが出る

決めた。

一回、母に相談してみることにする。
一番無いと思ってたことだけど。

だって、今までの経験測でいうと
泣きそうな顔で引き止められるか、
しれっと通帳隠されるか、
無視+睨まれる、のどれかでしょ?

何かうまく行って家を出られたとしても、
アパートまで押しかけられるパターンは
毒親持ちのデフォルト。

まず親に保証人頼むのは無い
と考えるのが普通の流れでしょ。

でも、決めた。
他に道がない。

とりあえず、ひとまず、
母に頼む。

もし断られたら、また考える。
もう、他に方法がない。泣

母から逃げるために、
母に保証人を頼む。


……なんやねん_(:3 」∠)_
田舎め。
古臭い概念ホールドし続ける田舎め。







「保証人に、なってくれませんか?」









「いいですよ」








( ゚д゚)

びっくりした







「いいですよ」
だって。
ダメ元でも言ってみるもんだ…





実際は

誰と住むのよ …1人で
どこに住むの …〇〇市
どうして出るのよ …仕事
なんの仕事よ …子どもと関わる
やっていけるの?
何ていう仕事なの?
いつなの?


な感じの質問責めにあってからの、
険しい顔されてからの、

「いいですよ」

だったけど。
つか別にこんなの、自分の子どもが実家出るって言ったら普通に聞きそうな内容だし。

とにかく、
保証人になるって。
まじか。、







◆素直なのは逆に怖い

いや、「いいですよ」までの経緯を見ればちっとも素直ではないのだが、私の頼みを承諾した……。


逆に怖くなってきた。
喜ぶところなんでしょうけどね。

うまくいかないんじゃ…??
どうせ
やっぱり家に居なさいと言われるんじゃ??
それか
アパートに押しかけられるんじゃ??
それか
通帳隠されるんじゃ??
それか…
どうせ…
それか…
どうせ…




???





は、これは。
「認知の歪み」の影響かもしれん。

うまくいってもいかなくても、悲観したり恐れたりすることが、よくある。私は。
まだ起こってもないことを、悲観したり恐れたりしても仕方ない。

「そんなことやったってしょうがないでしょ! 〇〇になったらどうするの? ✖️✖️になったらどうするのよ! こうしなさい!」

…お母さんがの言うとおりにしないとぶたれるし、きっとこれが正しいんだ……



…そういう考え方を植え付けられて育ったから、ここにきてまで、そんなことを思うのかも。笑




よっし!
ネガティブを人のせいにして、乗り切ろう。





正社員の内定、保証人、
とりあえず、家を出る体制が整うには、あと1つ。繋ぎの仕事。
明日の派遣先のと顔合わせが、うまくいけば、、、。



もうちょっとだよ。
暴力振るわれてないし
干渉されてないし
母の毒は今現在、猛毒ではない。

もうちょっとだよ。
過去と比べれば今現在の程度のなんて。
グチグチ嫌味言われるくらい、大したことじゃない。
耐えられる。
大丈夫だよ!




がんばる。
がんばらないと
もうそろ
また
頭イかれる。







トップページはこちら▶︎本当の自分 〜脱・AC〜